Smoothie!

暮らしに役立つヘルシーな知識をシェアします。

ブログ運営で実際のアクセスアップに効果があったテクニック10選

f:id:smoothie1:20140518013538j:plain

昨日今日ブログを始めた人間が一体何を言っとるんだ?とツッコまれそうですが(この記事はブログ開設から3つ目の記事)、実は私がブログを運営するのは初めてではありません。
最初に作ったのは2006年Yahoo!ブログ。すっごく恥ずかしい中二病丸出しの日記ブログでした。今がすっごく恥ずかしくないブログかと問われれば返答に困りますが。

それから大手と言われるブログサービスをいろいろ使ってブログを作ってきました。
扱うテーマはその時々の自分の生活にリンクしたもので、統一性はあまりなかったように思います。なかった、と過去形なのは、そのほとんどが現在は更新がストップして離脱してしまっているからです。

唯一去年から運営しているブログは、開設から1年未満で1日平均800PV、多い日で1000PVオーバーを安定して出すようになっています。

当ブログ運営のToDoリスト的な意味でも

実ははてなでブログを作るのは今回が初めてです。
なのでまだ右も左もわからない状態なのですが、今まで使ってきたブログサービスにはない良さを早くも感じ始めています。

はてなブログの良さはこれからまた取り上げるとして、今回の記事ではこれまでのブログ運営に共通の、取り入れてアクセスアップに効果があったテクニックをシェアしたいと思います。

この通り実践すれば、新しく始めたこのはてなブログでもアクセスアップに寄与するはずです。

実際に使って良かったブログ運営テクニック10選

箇条書きとちょろっと解説でどんどんいきます。だって実証するデータ取ってないんだもん。

テクニックその1:テーマを絞る

私生活そのものがテーマである日記ブログで高アクセスを稼げるのは有名人くらいなもんです。海◯蔵さんのブログはついついチェックしちゃいますもん。

我々一般人がブログをやってアクセスを稼ぐためには、何かのテーマに特化したブログを作るほうが堅実です。情報を求めて人がやってくる、というのもありますし、書いている自分もそのテーマにアンテナを張れば良いのでネタが見つけやすくなります。

ネタがあれば継続して記事をアップできるので、それがまた人を呼ぶという好循環が生まれやすいのです。

テクニックその2:デザインに気を配る

ブログのテーマを決めたら、そのブログを読んでくれそうなターゲットに向けてブログのデザインを変更します。

女性向けなら優しい色やデザインがいいでしょうし、ビジネスマン向けならシャープな色やデザインのほうが好まれやすいでしょう。色彩の持つイメージの本でもパラ見しておくと役に立つかもしれませんね。

その際念頭に置いておきたいのは、デザインの決定はあくまで自分の好みよりもユーザビリティを優先するということ。

テクニックその3:記事幅を変更する

いくらCSSに疎い人でも、記事スペースの幅くらいは自力でなんとかなります。たまに記事幅がすごく狭くて読みづらいテンプレートがあるんですよ。どのくらいが最適かは、このような有益なサンプルを載せてくださっている方もいらっしゃいますので、参考にして決めるのが良いと思います。

これが読みやすいブログデザイン!有名サイトの記事幅と余白設定を大公開

ただし、記事の幅を変えるときは、それに合わせてブログ全体の幅とサイドカラムの幅も忘れず変更してくださいね。

テクニックその4:狙った時間に記事をポストする

せっかく書いた記事は1人でも多くの人に読んでほしいものです。1人でも多くの人の目に留まるかどうかを簡単にコントロールできるのが記事の投稿時間です。

何時がいいかというのは一概には言えなくて、そのブログの読者層によります。サラリーマン向けなら通勤時間に合わせるとか、専業主婦向けなら午前の家事と夕飯の支度の間の時間に合わせてポストするとかね。各々がアクセス解析の動向をチェックして見つけていくしかないです。

最初のうちは実験的に時間をずらしながらポストして様子を見るのをおすすめします。

テクニックその5:短時間で書けるネタを持っておく

長くブログをやっていると、記事を書くのが生活の一部のようになってきます。

そうすると、記事の作成に時間が割けない、そんな日も出てくることでしょう。そういうときに短い時間で記事を作成できるネタあるいはコンテンツを普段から意識して作っておくと便利です。

時間が割けない日とは、家族の用事とか旅行中だとかそんな日を想像してください。

テクニックその6:とことん語れるネタを持っておく

その5とは逆で、他の人よりも詳しくディープに長く語れるネタがあると強いです。
なぜかというと、たくさんキーワードが盛り込めるし、同じキーワードの他ブログより有益な情報が提供できるしで、SEO的に意味が出てくるんじゃないかな、という実感です。

私が運営していた別ブログでは、あるメーカーのある商品の使い方について熱い思いをぶちまけていたら、「商品名 使い方」のような検索ワードでGoogleの1ページ目に記事が表示されるようになっていました。

テクニックその7:具体的な読者の姿を記事にフィードバックする

しばらくめげずに記事を書き続けると、はじめて読者との接触を体験します。コメントがつくとか記事をツイートされるとかね。

もしもこれまでブログのターゲットを絞りきれていなかった場合は、接触してくれた人のプロフィールを膨らませて、その人に語りかけるつもりで記事を少しの間ポストしてはどうでしょうか?それで反響があるようなら、ターゲットがかなり具体的になるはずです。

要は、そういう人達があなたのブログを読んでくれているんです。

テクニックその8:ブログランキングに参加する

これはかなり簡単にアクセスアップする方法です。

作ったばかりのブログでも、ランキングサイトのブログ紹介欄などが検索エンジンにすぐにインデックスされます。そこからの流入は侮れませんよ。あとはブログランキングのジャンルを検索した中からあなたのブログを見つけて人が来ます。

にほんブログ村 - 人気ブログランキングとブログ検索

運営していた別ブログでは、このランキングサイトからの流入があまりにも多くて逆に心配になったほどです。アクセス元を1か所に頼りすぎると、そのサービスがなくなった時が怖いじゃないですか。

テクニックその9:過去記事を加筆修正する

記事は書いたら終わりではないのです。
ブログという日付順のシステムが記事を時系列で直列に並んでいるように見せているだけで、本当は記事は並列に価値があります。例えば今日の記事に古い記事をリンクさせれば古い記事が今日の記事と同じくらい鮮度を取り戻すでしょ?

古い記事にはSEO効果もあります。人によく見られているような過去記事は最新情報を加えたり、新しい記事への誘導リンクを貼ったりして加筆修正することがまじでおすすめです。まじで。

テクニックその10:読者を大切にする

私は読んでくれる人がいるから記事を書きます。
ただのディスプレイに向かって言葉を投げかけ続けるなんて虚しいじゃないですか。その先には生きた人間がいると信じたい。その人肌の温もりを実感できるのがアクセス数なんです。

だから読者が1人でもついてくれたら、その人を大切にしましょうね。
読者を大切に、ひとりよがりにならない文章を。

おわりに

この記事、半分自分への覚え書きのつもりでスラスラ書けるかと思ったら結構時間がかかりました。◯選とかやりたかっただけなのに。
すべてブログ初心者に向けたテクニックばかりです。でも、いまブログのアクセスに行き詰まりを感じている人が初心に立ち返るヒントのつもりでもあります。
ご覧のとおり実績のないブロガーですが、無駄にブログ歴は長いので参考になれば幸いです。